感想紹介‎ > ‎

ふじみ野 「第2回 協同まつり」での感想

2013/08/07 2:47 に 『ワーカーズ』映画上映普及委員会 が投稿   [ 2013/08/07 2:54 に更新しました ]
7月15日に行われた、「第2回 協同まつり」での上映。感想の一部をご紹介します。
・行政の手の届かない部分を協同労働でうめていけたら、仕事を持って生きがいも持てるし、年を老いてもいきいきといられるのかなあ。

・協同ってどんな意味なのか知らなかったけど、今回よくわかった。時代もどんどん変化しているのだから、このような新しいアイディアが沢山出て来ることで、みんなにとって幸せだと思えるような生き方ができたら 素晴らしいですよね!!お金だけじゃ幸せになれない。人と人とのつながりっていいなーと思いました。以前の日本のような人と人とのつながりを取り戻せるかも!?(学生 女性)

・協力して仕事をしていくことに感動でした。(30代 会社員 女性)

・主旨がわからなかった。(70代 女性)

・何を伝えたいかわからない映画

・ドキュメンタリーなので、興味のある人しか見ないと思う。(60代 女性)

・今まで協同労働という事を知らなかったので、色々な働き方があるのだという事を知って良かった。(50代)

・本当に今日は、大きなパワーをいただきました。(60代 女性)

・私の理想としている働き方だと思います。考えさせられました。(30代 会社員 女性)

・生きるってどんなこと 教えられたような気がしました。


・自分の知らない働き方を知り、もっと世の中の人に知ってもらうといいと思う。子育て中の親は見たくても見られない人が多いと思う。ちょっと上映時間が長かった。(内容は良かったが)

・ゆっくり映画の形で見聞きして、テレビ・新聞などのメディアの情報とは違った、生の情報・状況が読み取れた。地域に根付く働き方を若い人たちもやろうとしていることを知り、心強いと思った。(60代 女性)

・ワーカーズコープとワーカーズコレクティブの協同年に製作されたこと、画期的な事だと思います。人は誰かの為に働きたいものなのですね。(50代 女性)


・ワーカーズコープは、学童から介護など多種業務を展開していてすごいと思いました。

・2回目ですが、観てよかった。ワーカーズとワーカーズコープの意味が分かりやすく紹介されている。・暗い部分が多かった。明るい場面が入れればもっと魅力的になる。

・各世代のワーカーズの方々のとりくみ方がとても興味深いと思いました。

・よい映画でした。

・心温まりました。


・地域を考えるきっかけとなった。
人の役に立とうとして生きていく事は、素晴らしいことだと思った。(学生 男性)

・ワーカーズコープのことは知らなかったので、この映画のおかげで少しでもわかってよかった。(60代)

・介護は、自分たちにとっても身近なことですが、ワーカーズの活動が若い人たちにも続いていく事を願っています。

・あゆみのような施設、場所ワーカーズコープがあればありがたい。(60代)


・たくさんの人々が地域とのかかわりを通して「働く」ことの意味を丁寧に語ってくれている姿にうらやましさを感じました。一社会人として、「仕事」と「生きがい」について、少し考え、悩んでみるのもよいのかもしれません。(20代 会社員 男性)

・明日は我が身。大変な仕事を地域の方々と共に頑張りたい。(70代 女性)

・今回で見たのは2回目だが、1回目と印象が違った。最初に見たときは、組合員ではなかったので、単純に「面白そう」としか思わなかったが、今回はその裏にある大変さも何となく感じた。(20代 女性)
Comments